印鑑の実印の選び方について


印鑑には目的に応じて使い方が異なりますが、その中でも実印について考える人は多いのではないでしょうか。大切な時に利用することが多い実印ですが、購入するにあたってこだわるべきポイントが選び方です。印鑑には様々な選び方があるので、自分が気に入る印鑑を手に入れるためにも重視したいポイントについて説明します。

まずはサイズです。訂正印も合わせると、直径6mmから18.0mmとさまざまですが、性別によって使うサイズも変わってきます。そのため、性別・目的によって選ぶサイズを決めましょう。一般的には、男性が選ぶ実印の場合16.5mmから18mm、女性の場合は13.5mmから15mmとなりますが、すでに持っている銀行印など他の印鑑と比較して選ぶと良いでしょう。印鑑は長年使用することになりますので、サイズにこだわって選ぶ必要があります。

つづいての重視したいポイントは素材です。印鑑には、柘・黒水牛・牛角・象牙などを筆頭に多くの素材が使われています。その他にも珍しい素材として、チタン、メタル、アクリル樹脂などもありますが、実印は長く使用することが多いため、耐久性が重要です。黒水牛・牛角などは他の素材に比べて耐久性があることが多いため、長く使用することができる場合があります。

選び方としては、大きく分けるとこのように2つ上げられます。このサイトでは選び方以外にも、印鑑を購入するにあたって知りたい情報について説明します。